日本のミニバンとの比較

ミニバンの外車と日本のミニバンの比較は、同じ価格でもずいぶんと違います。一般的な傾向として、流通量は圧倒的に外車のミニバンの方が少ないですが、新車は関税などの関係もあり、同じ排気量やグレードであればそれほど差別化されていません。一部、ベンツなどで高級車使用のミニバンタイプが販売されていますが、おおよそ、外車のミニバンは商用車ベースで開発されているので、タイプとしては存在しますが、個人でドライブを楽しむというタイプでは製造されていないということがあります。

 
中古車で比較したときは、比較的状態のよい外車のミニバンも日本のミニバンと同じ年式などの状態と比較すると流通量は圧倒的に少ないものの、価格としては安く設定されている傾向があります。これは、実際に外車のミニバンを専門としてメンテナンスをするカーディーラーが少ないことや、部品交換などが必要になったときに、取り寄せるのに手間がかかることなどもあり、維持費用の面で日本車の方が圧倒的に安くすることができるという点があります。ですが、海外のミニバンは各メーカーごとに根強いファンがいて中古市場でもそのようなユーザーが稀に売りに出していることがあり、在庫として流通しているので、買い時を狙ってみるのもいいでしょう。

 

 

 

 

 

Comments are closed.