車種

外車のミニバンの車種としては、小型のタイプでは、「プジョー5008」やフォルクスワーゲン、ベンツ、クライスラーなどで製造されています。フォルクスワーゲンでは、タイプ別でクロストゥーランとシャラケン、ゴルフトゥーランなどの3タイプがあります。シエロエンではC4ピカソが有名です。ベンツではクラス別に、VクラスとRクラスがあります。日本のミニバンをイメージしている人にはこれらの車は比較的車内の構造が狭く感じることがあるので、カタログや写真でイメージがつかない人は、ぜひ実物を見てみることをお勧めします。
 
6人以上が乗車できるステーションワゴンのタイプになると、各メーカーでも多く製造されており、圧倒的に種類が増えます。これらはミニバンに分類されないので、混同しないように注意が必要です。ステーションワゴンのタイプになると、需要も多くなり、商用車ベースとして考えられているミニバンに比べて内装も整備されている分、価格も高くなる傾向があります。中古で購入するときに、価格だけで外車のミニバンを比較すると、車種などで勘違いしてしまい、実物のイメージと大きくかけ離れていることがあるので、よくチェックするようにしておく方が無難でしょう。

 

 

 

 

 

Comments are closed.