特徴

外車のミニバンの特徴は、日本車と違う最大の特徴は「右ハンドル」であるということです。これは、海外の主な国では日本と交通ルールが違い、走行車線が逆になっているため、利便性から右ハンドル仕様になっているためです。ミニバンといっても、車内の広さは各メーカーによってまちまちで、おおよその分類はされていますが、実際の広さなどは購入の前にチェックしておく方が無難です。インターネットでも公式サイトが存在するので、興味がある外車があれば、どのような性能やこだわりがあるのか、実際に見てみるのもお勧めの方法です。

 
ミニバンスタイルで、高額の自動車は日本では多く見られますが、外車では大衆車というイメージでミニバンが開発されているので、それほど高級感を出したブランドはあまりありません。それでもベンツなどではワゴンタイプに近い、ミニバンなどを製造しているので、価格は高くなってしまいますが、ワンランク上のタイプの自動車もあります。海外では自家用車が主流ではないので、ミニバンのタイプは商用車ベースとして開発されている、ということを念頭に購入するときに検討してみるとよいでしょう。特に運転を楽しみたい人は性能面を細かくチェックしておくのがお勧めです。

 

 

 

Comments are closed.